FreeRice logo.png FreeRiceへご協力ください

2008年06月11日

固定観念

そろそろこのブログを始めた本来の目的を果たさなければいけません
(今週は頭っからiPhoneでいっぱいいっぱい)あせあせ(飛び散る汗)

全ての英語講師がみんなそうだ、とは言いませんが、
テキスト(教科書)やワークブックなどの使用教材を
使いこなしていない(私自身の反省も含みます)傾向にあります。
そこにはさまざまな理由があると思いますが、
その一つとして、ページに対する固定観念というか、
「ページ通りに進めなければいけない、という考えに囚われているから」かもしれません。

もちろん、著者の先生方は、ご自身のお考えに基づき、
「この順番で教えれば、一番良い結果を生むであろう」と
順を追って書いてくださり、その内容をページに分けて
下さっていることと思います。でもだからと言って、必ずしも
そのページの順番通りに教えなければいけない、と
思いこむのも、どうだろうか、と思うのです。

私は頭が固い人なので、ずいぶんと長い間、ページに囚われて
きてしまいました。正直、今も完全にそこから自由になっては
いません。全てのページを網羅しなくてはいけない、と思ってしまう
節があります。でも、これでもだいぶ解放されては来ました。

私と同じようにお考えの英語講師の先生がいらしたら
ひと言、「ページ通りに教えていくことが一番ではないんですよ」
とお伝えしたいです。

例えば、Let's Go では、各ユニットの最初に子どもたちの会話が
出てきます。(Let's Talkですね)
その会話内容は大抵、そのユニットでこれから学ぶ新しい内容を
含んでいます。新しい事を導入する方法として、
その会話をCDで聞かせたり、
テキストに書かれたセリフを目で追わせて行く、
のも良いかもしれません。

でも私はあえて、Let's Talkから指導していくのを避け、
ユニットの内容を2〜3週間かけて教えます。
生徒の様子を見て、ユニット内容を十分理解した事を確認してから
ユニット頭のLet's Talk を教えます。
でもその時には、こちらが「教える」というよりも、
子どもたちがCDの会話を聞いただけで
ある程度内容を把握できてしまうので、いちいち説明する必要が
なくなったりします。子どもたちも「教えられた」という感覚より
「自分自身で理解した、会話を聞き取れた」と感じているように
見えます。すると、頭の中に残っていきやすいのでは?と思います。

私はユニットの順番を変える事はしませんが、
ユニットの中のコンテンツに関しては、必ずしもページ通りに
教えてはいません。でもそのおかげでずいぶん私自身のストレスを
軽減できています。

自由になりましょう。
最終的に指導しなくてはいけないことを、子どもが理解しやすく
教えられればいいのですから。



posted by りきぴか at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Let's Go 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。